頭蓋仙骨治療

b001

頭蓋仙骨治療

(b001)

世界で最も読まれている、頭蓋仙骨治療者必読の書
あなたの知りたい頭蓋仙骨治療の基本が全てここに!

 

このセミナーはアメリカ全土で爆発的な人気があり、日本でも正規にアプレジャーインスティチュート・ジャパンが、クレニオセイクラルセラピーのセミナーを開催している。
頭蓋仙骨系の概念とその病理学的意味と治癒能力は、50年以上前に初めて認識された。しかし、約半世紀の間、頭蓋仙骨の概念は神秘的な雰囲気に包まれ、伝統的な医学界に認められることも理解されることもなかった。
しかしながら、現在、頭蓋骨、髄膜、脳脊髄液、頭蓋内脈管系、体液の運動、体全体の結合組織の機能等に関するこの概念は、明確に解りやすく説明されている。
頭蓋仙骨治療は、頭蓋仙骨系の生理学と解剖学、健康におけるその役割、病気とその関係等を明らかにしてくれる。観察されるが今まで説明しえなかった多くの現象と臨床上の症候を含む頭蓋仙骨概念が、明確かつ詳細に議論されている。触診技術の範囲と深さを広げるための方法は、実践的なやり方で説明されている。
ダイナミックなイラストレーションと解りやすい本文により、頭蓋仙骨のメカニズムの自己矯正を補助するための多くのテクニックが説明されている。
頭蓋と仙骨領域のみでなく、体幹と首と四肢にも頭蓋仙骨の方法学を応用している。体全体の反応による診断と治療方法が説明されている。頭蓋仙骨治療はまた、様々な器官系を冒す病気の治療におけるその応用の議論を通して、頭蓋仙骨概念を実践的に利用している。
診断又は治療の道具として手を利用する人々は、頭蓋仙骨治療がこの興味深い治療領域において魅力的で有益であることに気がつくであろう。
カバー写真は、アプレジャー博士が解剖した頭蓋内膜系である。それは直静脈洞の前端における大脳鎌と小脳天幕の自由縁の連結部である。

  • 著者名 : Dr ジョン・E・アプレジャー,D.O., Dr.ジョン・D・ブレデボーグ 共著
  • 訳 : 目崎勝一
  • 出版社 : ジャパン・オステオパシック・サプライ
  • 優待割引 : JOA割引あり 専用ページでお求め下さい
  • 判型 : B5 (367P)
在庫状態 : 在庫有り
¥15,000(税別)
数量